姜昇利 (カン スンリ)

姜 昇利(カン スンリ)

東京都足立区出身
1984年2月8日生
テコンドー歴17年 四段 師範

【テコンドーを始めたきっかけ】
中学二年の時に友人に誘われ、よくわからないまま連れてかれ、よくわからないまま自分だけ入会していた。

【家族構成】
父、母、兄(テコンドー1段)、次男(姜昇利)、三男(10年ほど前にテコンドー4級)、四男(テコンドー1段)

【好きな物】
グミ、カンボジアの魚料理、卓球(素人)、映画鑑賞、スペインのパスサッカー、英会話勉強

【嫌いな物】
ウニ、サザエ、納豆、レバー

【得意なこと】
O型なのに細かい作業、衝動買い

【性格】
良く言うと几帳面。悪く言うと神経質
 

中学二年の時にテコンドーを始め、高校二年(2000年)で黒帯を取得。
その年に初の海外試合である第5回世界テコンドー選手権大会に出場。
その後も年に一度国内で行われる全日本大会で優勝・準優勝等を数多く獲得し、現在も現役バリバリに活躍中。
2004年にはテコンドー協会13期内弟子を志願し、一年間テコンドー漬けで修練を重ねる。
2007年には第15回世界テコンドー選手権にて、15年ぶりに日本に世界の金メダルをもたらすという快挙を成し遂げる。
その後、2015年には第19回世界テコンドー選手権大会にて再び金メダルを獲得し、個人選手が2度の金メダルを獲得するという日本では前人未到の記録を打ち立てた。
指導者としては、足立の興野・梅島道場も含め、都内・都外で5ヶ所の道場で指導を行っている。
足立からは女子でマッソギ(組手)・トゥル(型)両方で全日本を制した、金恵順(キン・ヘスン)選手を輩出。現在もトップ選手として国内、国外の大会で活躍中。

 

 

■主な戦績

2000年 第5回世界ジュニア選手権大会出場(朝鮮)      
2002年 第13回全日本選手権大会出場 トゥル(型) 一段の部 準優勝
第2回アジア選手権大会出場(モンゴル) トゥル(型) 一段の部 準優勝
2003年 第14回全日本選手権大会出場 トゥル(型) 一段の部 優勝
第13回世界選手権大会出場(ギリシャ) トゥル(型) 一段の部 準優勝
2004年 第15回全日本選手権大会出場 トゥル(型) 二段の部 準優勝
ピーター・グレート杯出場(ロシア) 団体トゥル   三位
2005年 第16回全日本選手権大会出場 マッソギ(組手)
トゥル(型)
団体マッソギ
団体トゥル
ミドル級
二段の部
準優勝
優勝
優勝
優勝
第14回世界選手権大会出場
(オーストラリア)
トゥル(型)
団体トゥル
二段の部 銀メダル
銀メダル
2006年 第17回全日本選手権大会出場 マッソギ(組手)
トゥル(型)
団体トゥル
ミドル級
二段の部
優勝
優勝
準優勝
敢闘賞
2007年 第18回全日本選手権大会出場 マッソギ(組手)
トゥル(型)
団体マッソギ
団体トゥル
ミドル級
三段の部
第3位
優勝
準優勝
優勝
第15回世界選手権大会出場
(スロベニア)
トゥル(型) 三段の部 優勝
第15回ピーターグレートカップ出場
(ロシア)
     
2008年 第19回全日本選手権大会出場 マッソギ(組手)
トゥル(型)
団体マッソギ
団体トゥル
ミドル級
三段の部
 
第3位
準優勝
準優勝
優勝
2009年 第20回全日本選手権大会出場 マッソギ(組手)
トゥル(型)
団体マッソギ
団体トゥル
ミドル級
三段の部
準優勝
優勝
優勝
優勝
優秀選手賞
第16回世界選手権大会出場(ロシア)      
2010年 第21回全日本選手権大会出場 マッソギ(組手)
団体マッソギ
団体トゥル
ミドル級 準優勝
優勝
準優勝
2011年 第22回全日本選手権大会出場 マッソギ(組手)
トゥル(型)
団体マッソギ
団体トゥル
ミドル級
三段の部
準優勝
優勝
準優勝
優勝
2012年 第23回全日本選手権大会出場 マッソギ(組手)
トゥル(型)
団体マッソギ
ミドル級
三段の部
優勝
優勝
優勝
最優秀選手賞
第6回アジア選手権大会出場 トゥル(型) 三段の部 準優勝
2013年 第24回全日本テコンドー選手権大会 マッソギ
トゥル
ミドル級
四段の部
3位
3位
2014年 第25回全日本テコンドー選手権大会 トゥル 四段の部 優勝
第7回アジアテコンドー選手権大会 団体トゥル   3位
2015年 第26回全日本テコンドー選手権大会 マッソギ
トゥル
団体マッソギ
団体トゥル
ライト級
四段の部
準優勝
優勝
優勝
優勝
第19回世界テコンドー選手権大会出場 トゥル(型) 四段の部 優勝

 

 


 

 

2015-06-05.jpg

木村志穂(キムラ シホ)

愛媛県松山市
1983年1月6日生
テコンドー歴22年 三段 副師範

【テコンドーを始めたきっかけ】
格闘技好きの弟が近所にあるテコンドー道場に通うことになり、見学に行ったら練習が楽しそうだったので始めた。

【運動歴】
水泳10年
陸上競技6年
(100m障害 インターハイ•国体 出場)

【好きな言葉】
I can do it!

【一言】
なんとなく、面白そうだからと始めたテコンドー。
テコンドーを通じて、強い心と自信、そして国内外を問わずたくさんの仲間を手に入れました。
きっかけは単純でも続けてきたからこそ、たくさんの学び、貴重な経験をすることができました。

テコンドーで新しい自分を見つけませんか?
一緒に楽しく強い心と身体を手に入れましょう!

 

■主な戦績

2004年 第15回全日本選手権大会出場 トゥル   優勝
2005年 第16回全日本選手権大会出場 マッソギ
トゥル
  優勝
優勝
第14回世界選手権大会出場(オーストラリア) トゥル 二段の部 3位
2006年 第17回全日本選手権大会出場 マッソギ
トゥル
  優勝
優勝
2009年 第16回世界選手権大会出場(ロシア) トゥル 三段の部 準優勝
2010年 第21回全日本選手権大会出場 マッソギ   優勝
2011年 第22回全日本選手権大会出場 マッソギ   優勝
2012年 第6回アジア選手権大会出場 トゥル 三段の部 準優勝
2013年 第24回全日本選手権大会出場 マッソギ   優勝
2014年 第25回全日本選手権大会出場 マッソギ   優勝
2015年 第26回全日本選手権大会出場 マッソギ
トゥル
  優勝
優勝
最優秀選手賞受賞

 

リンク